年とともに症状が出る老眼。この老眼と上手く付き合う方法を紹介します。

老眼の対策が重要

老眼とは

誰しもが年をとり老化が進むのは当たり前の事です。老化現象の1つに老眼というものがあります。老眼は40歳から60歳初めになる事が多く自覚症状で老眼に気づく事になります。普通字を読む時には30cmの距離をとるのですが、その距離での視点のピントが合わせられず字が読みにくくなってしまうのが老眼です。老眼は遠くのものは鮮明に見えるのが特徴ですが、中近距離の細かいものが見えにくくなります。

老眼は防げるのか?

老眼を予防するということはできるのでしょうか?ほとんどの人が、老眼の症状が出て初めて自分が老眼なのではと気づくはずです。前もって老眼にならないように、または時期を遅らせようと予防する人は少ないと思います。老眼は老化によって起こるものなので予防するということはできません。しかし、老化による老眼の進行を遅らせる予防策はあります。(参考:老眼予防

老眼の原因

人はなぜ老眼になるのだと思いますか?老眼の予防を考える前に、なぜ老眼になるのかということを理解しておいた方が良いと思います。老眼は加齢で水晶体の弾力が失われることで調節する力が弱くなり、その結果近くのものに焦点を合わすことが困難になる事です。

老眼になる時期は個人差があり様々ですが、老眼の原因は老化なので誰しもがなる可能性がある事になります。このことかわ分かるように完全に老眼を予防するということはできません。予防するというか、老眼の進行を抑制するという事になります。

目に必要な栄養素をとる



老眼は加齢による老眼と目を酷使したことによっておこる老眼とがあります。加齢による老眼にはバランスの良い食事を摂り目の栄養補給をするのが効果的です。目に良い食品には、カシスやルテイン、ブルーベリーなどがあります。

目の使い過ぎに気をつける



目の老化を招く原因の一つに目の使い過ぎがあります。とくにPC作業の多い方や携帯機器などをいじる機会の多い方は目に多くの負担をかけます。OVA作業は必要最低限にする、又はデスクワークやPC作業をするときは定期的に目を休めるなどして目を守りましょう。

自分に合った老眼鏡を選ぶ



老眼になっても見栄えが悪いなどの理由で老眼鏡を作ることをためらう人も多いのですが、老眼のまま矯正しないと目が疲れやすくなります。その結果目の老化を早め、老眼の進行を早める結果につながるケースがあります。老眼を自覚したら早めに眼科に行って自分に合ったメガネを作ってもらいましょう。